2010年シンポジウム

12.10

危機の時代の大学経営(2010)


2010年12月10日(金) 関西大学ミューズキャンパス ミューズホールにて、大学問題研究所主催のシンポジウム「危機の時代の大学経営(2010)」を開催致しました。
国立教育政策研究所所長の徳永保氏を迎え、包括的な大学教育の現状などを講演いただきました。
ご参加下さいました皆様には厚くお礼申し上げます。
symposium2010

プログラム内容

 

危機の時代の大学経営
開会の挨拶
学校法人関西大学 上原 洋允
基調講演 大学改革の現状と課題
国立教育政策研究所所長 徳永 保氏
特別講演  大学が変わるとき
「大学ランキング」(朝日新聞出版)編集長 中村 正史氏
基調報告 関西私立大学の「大学力」(事例紹介)
NPC大学問題研究所所長 阿部 功
パネルディスカッション 『大競争時代の大学経営』
【パネリスト】
学校法人京都橘学園理事長 梅本 裕氏
武庫川女子大学学長 糸魚川 直祐氏
学校法人関西大学常務理事 小西靖洋氏
社団法人日本ツーリズム産業団体連合会会長 舩山 龍二氏
「大学ランキング」(朝日新聞出版)編集長 中村 正史氏

【統括と提言】
国立教育改革研究所所長 徳永 保氏

【コーディネーター】
NPC大学問題研究所所長 阿部 功

講演者・パネリストの詳細はPDFデータにてご覧頂けます。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る