学内合同企業説明会に関するアンケートのお願い

06.07

新型コロナのパンデミックの勢いがいまだ衰えを見せない中、キャリアセンターの皆様には22年度、23年度卒業見込みの学生の就職活動に対して、大変なご苦労を払っておられることとお察しします。
学生にとっては今後の人生設計にとって極めて重要な就職活動である会社訪問や就職フェアに参加する機会が極端に制限されている現在、キャリアセンターの皆様も従来とは異なった支援活動を模索せざるを得えない局面を迎えていることと存じます。
私ども大学問題研究所は、このような危機を大学様と力を合わせて乗り越えるべく、①1400社、延べ18000人の学生の参加(就職希望者約7000人)、②200社、延べ1600人の学生の参加(就職希望者約1500人)の2大学で、ZOOMやTEAMSを活用したオンラインによる学内企業合同説明会を本年3月に実施いたしました。
本オンライン説明会は、大学様が企業の方々に登録と参加を依頼し、学生の皆様には学内情報システムを通じて通知し、参加を呼びかけ、弊社は大学様と秘密保持契約を結んだうえで、実施スケジュールの調整と管理、当日のセミナーの運営・管理、当日参加できなかった学生のための録画の編集等の業務を行いました。
本事業は、遠隔授業と同様、コロナ禍で緊急避難的に大学様のご要望を受けて開始したものでしたが、従来の対面式で行ってきた企業説明会では得られなかった思わぬ効果を発揮し、大学様は言うまでもなく、企業、学生の皆様からも高い評価をいただき、コロナ終息後も実際に学内で行う説明会とハイブリッドで行われることとなると確信しております。
東京に本社のある企業、Iターン、Uターン、Jターン等を進めている企業、地域密着型企業は言うまでもなく、グローバル企業からも出張費をかけずに参加することが可能になります。また、OB・OGも社内で属する職域に制約されずに参加することができます。学生は画面を通して対面の場合よりもはるかに多数の企業から多数の情報を得ることができ、質問や感想をチャット機能を活用して行えるため、企業と学生の双方にとって、従来の学内説明会よりもはるかにコストパーフォーマンスが高いものとなります(インターンシップについても同様でしょう)。
そこで、弊社大学問題研究所は、全国の国公私立大学で学生の就職支援に携わっている皆様に、現在お取り組みいただいている学内企業説明会の問題点・課題をお伺いし、それを取りまとめることを通じて、今後の推進方策を大学様相互で共有していただきたく、本アンケートを企画しました。
ご多用の折、誠に恐縮ですが、ご回答いただきますよう、謹んでお願い申し上げます。なお、アンケートの集計結果は、当ホームページに掲載いたします。

ご回答は、下記よりアンケート用紙(Word)をダウンロード後ご記入の上、info@ursrch.comまで添付データとしてメール送信いただければ幸甚に存じます。
なお、ご回答者のご芳名を含む個人情報保護の対象となるデータは、弊社の個人情報保護の規定に従って厳正に管理し、本アンケートの目的外で使用しないことをお約束します。

学内合同企業説明会に関するアンケート

資料「学生向けオンライン企業説明会実施支援のご案内」
クリックするとPDFデータが開きます

関連記事

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る