高大接続改革と大学入試改革の動向アンケート

■アンケートの目的

2021年度大学入試は、現行のセンター試験に代わって、学力の3要素(①知識・技能、②思考力・判断力・表現力、③主体的に学習する力)を評価する「大学入学共通テスト」として実施し、特に英語については、「読む、書く、聞く、話す」の4要素の評価を行うこととなり、外部試験との併用が明記されました。
大学において、この新しい大学入学者選抜試験を周知徹底させることは、現高1生の大学選択と受験準備に必要不可欠であり、新制度のもとで自らのアドミッションポリシーに則った受験生をどのように確保していくべきか、その具体的方策を速やかに決定し、公表していくことが大学には求められております。
本アンケートは、新しい大学入学者選抜方式の導入にどのような方針で臨もうとしているか、かつその方針をどのような方法で周知徹底させようとしているかをアンケート調査により高大接続改革の進捗状況と大学の入試改革の動向を把握・集約することで、受験生並びに高等学校進路指導の一助となることを目的といたします。

■アンケート集計・結果公表

集計結果は、当ホームページに掲載(抜粋)するとともに、「大学改革推進フォーラム第8回シンポジウム報告書」(2019年春 発行)にて公表いたします。

■アンケート回収・締切

2019年2月末日までに送信してください。
※アンケートに関するお問い合わせは、NPC大学問題研究所(Tel.o6-6351-7271)までお願いします。

*は必須項目です。

大学名*
学部数*
学科(専攻)数*
学生数*
部署名*
ご記入者ご署名*
直通電話*
E-mail*
ご回答

1 高大接続システム改革会議『最終報告』(2016.3)から2年半が経ちました

  • 1-a 「大学教育改革」では「学力の3要素の更なる伸長」が求められていますが、どのようにお考えですか。

  • 1-b 「高等学校教育改革」では「学力の3要素の確実な育成」が求められていますが、どのようにお考えですか。

  • 1-c 「大学入学者選抜改革」では「学力の3要素の多面的・総合的評価」が求められていますが、どのようにお考えですか。

2「大学入試センター試験」に変り「大学入学共通テスト」が導入されます

  • 2-a 「大学入学共通テスト」を利用したいとお考えですか。

  • 2-b 「大学入学共通テスト」で学力の3要素を評価できるとお考えですか。

  • 2-c 「大学入学共通テスト」の実施時期はいつ頃が良いとお考えですか。

3 学力の多面的評価のため「JAPAN e-Portfolio」が導入されます

  • 3-a 「JAPAN e-Portfolio」について

  • 3-b 「JAPAN e-Portfolio」を利用しますか

  • 3-c-1 何に利用しますか(利用する・検討中とお答えの方)

4 「平成33年度大学入学者選抜実施要綱の見直しに係る予告」で個別入試の見直しが求められています。

  • 4-a 「一般選抜(一般入試)」について見直しはありますか。

  • 4-b 「総合型選抜(AO入試)」について見直しはありますか。

  • 4-c 「学校推薦型選抜(推薦入試)」について見直しはありますか。

5 英語について4技能を評価する観点から、外部試験の導入が拡大しています。

  • 5-a 英語外部試験の導入について

  • 5-b 他教科について外部試験や資格などの導入について

    ※(すでに実施済みとお答えの方に)教科名

  • 5-c 個別入試において新たに導入する予定はありますか。

6 入試形態の変更に伴い、入試広報・事務の負担が多くなることが考えられます。

  • 6-a 入試改革により、組織の改編はありますか

  • 6-b 予算や人員増はありますか

  • 6-c 入試広報でどこにウエイトを置きますか(複数回答可)

7 「高大接続改革」や「大学入試改革」に関するご意見をご記入ください。

8 高等学校進路指導及び受験生に対し、貴大学受験のために必要なことを具体的にご記入ください。

校名表記

※上記に含まれる個人情報は、アンケート集計・公開にのみ使用させていただくものとし、適切に取り扱います。上記に同意します。*

2019年3月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る